デフレ解消にはケインズ政策が必要

消費と投資を伸ばせばデフレは解消なのに。

消費税を10%にしようとする。

財務省では公共投資拡大する人は出世しない。

 

だから公共投資をだれもやらない。

これではデフレは治らない。

 

株や仮想通貨のバブル崩壊で昨年は

消費が落ちてくる。

派遣導入や外人研修生導入で賃金が減っている。

 

これでは消費は伸びない。

株の暴落と仮想通貨の崩壊は

消費の抑制効果がある。

 

消費税はだめでしょ。

 

投資はどうか。

公共投資は緊縮財政で

さっぱり拡大しない。

 

民間が消費も投資も伸ばせないなか

公共以外に期待できない。

 

ケインズが大恐慌のあとに

公共投資を伸ばそうと提案。

 

アメリカはダムや軍事費で

公共投資拡大も

その後緊縮財政で再び

経済はデフレになっていく。

 

スポンサードリンク

 

今後やるべきことはケインズ政策だ

 

1)消費税の減税

2)公共投資

3)賃上げ

4)貧困対策で商品券を配る

いまの状況では財務省は

この反対の政策をやろうとしてる。

 

官僚は民間が貧しくても

税収増の増税があれば

予算が確保できる。

 

政治家は予算がほしいので

財務省には逆らえない。

 

これでは反ケインズ政策になり

デフレになり

ますますデフレ・スパイラルになる。

 

売上が減り

リストラになり

賃金が下がり

 

貧富の差が激しくなり

デフレ・スパイラルとなる。

大恐慌への道をまっしぐらだね。

 

デフレでは預金が一番だわさ。

不動産も株も売って預金にするか。

 

ーーーーーーーーーーー

本ブログの著者は、年金、アフィリエイト、投資、YouTubeなどの副業で

コンスタントに稼いでいます。

労働しないで稼いでいます。

この給与、不動産投資、証券投資、

アフィリエイトで不労所得を稼ぐ

4つの財布で行きていく情報を発信

して行くことを目指しています。

大学で宅建の資格を取り、大学院で

ケインズから金融を教えてもらい、

不動産鑑定士の資格の専門学校にいきました。

大学時代には欧州一周を見てまいりました。

アメリカの大学院のMBAのホテル学科に留学して英語も勉強しました。

留学中にはセレブに必須のフランス語を習得。

留学中にはニューヨークやカナダやメキシコに観光に行きました。

ブラジル銀行の友達ができました。

メキシコの友人は元大統領の子息でした。

帰国後に27歳で初めて大手の不動産会社の

流通子会社に7年務めました。

そこでロスアンゼルスプロジェクトでロスアンゼルス

の土地を見に行きました。

そこでリートをやるために大手証券に

転職。

85年のプラザ合意以降の円高局面で

不動産バブルを体験。不動産アナリストでウオーターフロント銘柄を発掘。

その後商社系のネット企業に入社。

不動産の知識が役立ちました。

現在は、定年後に派遣に行きながら

戸建て賃貸収入、証券への投資、

ブログアフィリエイトを始めて

年金、不動産投資、証券投資、

で4つの財布を作りました。

小さい頃から、ベットの生活、朝はパンと牛乳、

夏は別荘ぐらしでした。

小さい頃からクラッシックのレコードを与えられ

印象派の絵画画集も与えられ、いい映画も見に行かされました。

そこで体験したことをセレブの生活にまとめました。