中学までの生き方で社長を狙える

 

いろいろ人生経験をして

思ったことがある。

人生は中学までの生き方で社長を狙えると思う。

そのために大事なのは

塾や中学受験の勉強ではない。

勉強ばかりでは社長になれない。

大企業を狙うこと自体が

リスクを最小にしようとする行動。

社長になりには投資がいる。

投資はリスクをとらないとできないでしょ。

リスクを取るには小6までの生き方で決まる。

東映の時代劇で人生を学んだ

両親が結核でね

1歳のときに一家離散。

田舎のお寺の爺さんに預けられた。

そこで東京にもどって

父は不動産のリーマンで

母は美容院経営。

眼の前で不動産投資をみてきた。

美容院経営は信用金庫からお金を借りて

設備をつくり人をやっとで集客して

事業をやっていた。

両親は共稼ぎなんで

東映の時代劇を見て育った。

印象のある映画は

1)清水の次郎長

親分が大勢の子分を従えて

人足の調達や船の荷役の仕事をしていた。

縄張りがあるけど他の親分とのいざこざなど

勉強になった。

森の石松のためにみんなで敵討ちをする。

感動したね。

義理人情親孝行。

大卒より役立つこの考えだよ。

 

2)忠臣蔵

これはサラリーマンの世界がわかる。

村社会がわかる。

これも義理人情の世界だね。

男の生き方を教わったね。

人生に役立たったもう一つは

小6までの遊びが人生に役立った

塾にいくより

小6までに大勢の子供達で一緒に遊ぶことが

大事だよ。

1)缶蹴り

2)ベーゴマ

3)縄跳び

4)釘刺し

5)ビー玉

6)面子

まず小1から小6までの男女を

集める。

集まったメンバーでできる遊びを提案する

年齢を超えて遊ぶことで上下の関係を思える。

貸し借りをすることを覚える。

 

実際にこのときの遊びが仕事に役立った。

なぜなら

新人からベテランまで人を指導して仕事を

やってもらうには

勉強では体得できない。

遊びで年齢を超えて男女を超えて

楽しく遊ぶ体験が一番いい。

実際仕事でも役立ったね。

学歴は駄目だね。

商店街と工場地帯で育ってわかった事実

うまれは工場地帯でそだった。

小学校は商店街にあった。

友達は商人と工場の工員や工場経営の子どもたち。

商人の子供は学歴より

家の仕事を思えるのが大事。

簿記やそろばんが大事。

商店の友人は親の修行したお店に預けられて

商売を覚える。

今では社長になっていてマンション経営やビルの

経営をやっているよ。

工場地帯の友人はね

中学卒で工員になっていった。

いまでは工作機械を操縦して工場をやっているよ。

つまり学歴がほしいのは

住宅街で育った

サラリーマンの子どもたち。

大学に落ちると引きこもりになる。

商人の子供や工場の工員の子供は

大学はそもそも頭にないよ。

だから中学出でもあきらめないで

プログラミングの専門学校いって

ブログや転売やYouTubeをトライして起業できるくらいで

行きていければ心配ないでしょ。

高校の資格も通信教育で十分。

これなら大学への道もできるよ。

 

資格を狙った大学時代と就職

ぼくも商店街と工場地帯で育ったので

1)不動産屋をできるように大学時代に宅建をとった

2)資産運用を狙ってケインズの金融学を学んだ

3)高校は理系にいったよ。

そこで二進法を学んだ。数学も数三までやってので

プログラミングに巡り合った。

4)就職は宅建があったので独立起業できる不動産会社に入った

5)資産運用のファイナンシャルプランナーで独立できるので

証券会社に就職した。

6)英語ができたのでスイス系証券にはいったけどリストラされた

7)そこでしかたなくコネで大手商社のネット会社に入社

ここでネットの基本を勉強。いまのブログやYouTubeになったのね。

いつでも独立できる資格や仕事をねらってきた。

ネット時代になっていままでの経験と資格をつかって

ブログやYouTubeを始めました。

よろしくお願いします。

 

ーーーーーーーーーーー

本ブログの著者は、年金、アフィリエイト、投資、YouTubeなどの副業で

コンスタントに稼いでいます。

労働しないで稼いでいます。

この給与、不動産投資、証券投資、

アフィリエイトで不労所得を稼ぐ

4つの財布で行きていく情報を発信

して行くことを目指しています。

大学で宅建の資格を取り、大学院で

ケインズから金融を教えてもらい、

不動産鑑定士の資格の専門学校にいきました。

大学時代には欧州一周を見てまいりました。

アメリカの大学院のMBAのホテル学科に留学して英語も勉強しました。

留学中にはセレブに必須のフランス語を習得。

留学中にはニューヨークやカナダやメキシコに観光に行きました。

ブラジル銀行の友達ができました。

メキシコの友人は元大統領の子息でした。

帰国後に27歳で初めて大手の不動産会社の

流通子会社に7年務めました。

そこでロスアンゼルスプロジェクトでロスアンゼルス

の土地を見に行きました。

そこでリートをやるために大手証券に

転職。

85年のプラザ合意以降の円高局面で

不動産バブルを体験。不動産アナリストでウオーターフロント銘柄を発掘。

その後商社系のネット企業に入社。

不動産の知識が役立ちました。

現在は、定年後に派遣に行きながら

戸建て賃貸収入、証券への投資、

ブログアフィリエイトを始めて

年金、不動産投資、証券投資、

で4つの財布を作りました。

小さい頃から、別途の生活、朝はパンと牛乳、

夏は別荘ぐらしでした。

小さい頃からクラッシックのレコードを与えられ

印象派の絵画画集も与えられ、いい映画も見に行かされました。

そこで体験したことをセレブの生活にまとめました。