福を招くおせちの料理の意味

おせちの季節がやってきました。

おせちの料理のそれぞれに意味がありますね。

1)海老

曲がった腰が「長生き」を

飛び出た目が「めでたさ」を

脱皮する姿を「新たな生まれ変わり」を

意味します。

2)黒豆

これは有名ですね。

病気や怪我がなく、まめに働けるように

食べるのです。

3)紅白かまぼこ

半円を描くことで日の出を

紅は「めでたさ」を

白は「神聖さ」を

表します。

 

4)伊達巻

江戸時代のおしゃれな若者の

着物の柄ににていたからです。

5)たたきぼう

地中に根を張るごぼうは

家族の長生きとその土地にしっかり

根付くようにと願って食べます。

6)いくら

子宝を連想させるいくら。

子孫繁栄の象徴です。

7)くりきんとん

黄金色で金塊や小判など

財宝を表す。

金運と勝負運を願って食べる。

8)田作り

イワシの小魚を

田にまいて五穀豊穣を願ったことから

豊かな田んぼを作ることを願って

食べられます。

9)数の子

子孫繁栄の象徴です。

 

知りませんでした。

食べるときの参考にしてくださいね。

 

ーーーーーーーーーーー

本ブログの著者は、年金、アフィリエイト、投資、YouTubeなどの副業で

コンスタントに稼いでいます。

労働しないで稼いでいます。

この給与、不動産投資、証券投資、

アフィリエイトで不労所得を稼ぐ

4つの財布で行きていく情報を発信

して行くことを目指しています。

大学で宅建の資格を取り、大学院で

ケインズから金融を教えてもらい、

不動産鑑定士の資格の専門学校にいきました。

大学時代には欧州一周を見てまいりました。

アメリカの大学院のMBAのホテル学科に留学して英語も勉強しました。

留学中にはセレブに必須のフランス語を習得。

留学中にはニューヨークやカナダやメキシコに観光に行きました。

ブラジル銀行の友達ができました。

メキシコの友人は元大統領の子息でした。

帰国後に27歳で初めて大手の不動産会社の

流通子会社に7年務めました。

そこでロスアンゼルスプロジェクトでロスアンゼルス

の土地を見に行きました。

そこでリートをやるために大手証券に

転職。

85年のプラザ合意以降の円高局面で

不動産バブルを体験。不動産アナリストでウオーターフロント銘柄を発掘。

その後商社系のネット企業に入社。

不動産の知識が役立ちました。

現在は、定年後に派遣に行きながら

戸建て賃貸収入、証券への投資、

ブログアフィリエイトを始めて

年金、不動産投資、証券投資、

で4つの財布を作りました。

小さい頃から、別途の生活、朝はパンと牛乳、

夏は別荘ぐらしでした。

小さい頃からクラッシックのレコードを与えられ

印象派の絵画画集も与えられ、いい映画も見に行かされました。

そこで体験したことをセレブの生活にまとめました。