慶応と新線と不動産

慶応大学のある日吉。

ふと思った。ひらめいた。

慶応のある三田と日吉は地下鉄でつながる。

そして

日吉と新横浜は工事中ですね。

 

相鉄線と東急東横線・目黒線を結び、神奈川県央部や横浜市西部から東京都心へのアクセスが大きく向上すると期待される新線「相鉄・東急直通線」。2019年4月の開業を目指し、途中駅となる新横浜付近では工事が本格化してきた。同線とともに「神奈川東部方面線」を構成する「相鉄・JR直通線」も2018年度内の開業に向けて工事が進む。今回は新横浜─日吉間の工事をリポートする。東急東横線を営業しながら高架橋を造り替えたり、直下にトンネルを掘削したりする大がかりな工事が待ち構えている。

引用:日経

 

それから

新横浜から湘南台に行くんだね。

 

この点を僕なりに分析。

ツイートしたよ。

 

湘南台から慶応大学藤沢キャンパスまで新線計画があるんだね。

詳しくはこれ。

相鉄いずみ野線は、二俣川-湘南台を結ぶ鉄道路線で、平塚方面まで延伸する計画があります。このうち、湘南台-倉見間が2016年の国土交通省交通政策審議会答申198号に盛り込まれ、とくに湘南台-慶應SFC間3.3kmの延伸が先行して具体化しつつあります。

湘南台-慶應SFC(湘南藤沢キャンパス)間に単線を敷き、途中駅を一つ設ける構想です。

引用:鉄道計画データベース

すごいでしょ。

不動産を買うなら慶応キャンパス周辺だね。

 

こういうデータもあるね。

仮に相鉄いずみ野線が慶應SFCまで開業したら、その列車はJR湘南新宿ラインや、東急東横線、目黒線に直通していくでしょう。となると、慶應SFC-日吉-三田という直通列車が実現する可能性は高く、慶應大学にはメリットの大きい路線となりそうです。

引用:鉄道計画データベース

つまり直通ができるという。

慶応の力はすごいね。

相鉄の社長さんも神奈川県知事も三田会なんだね。

 

それでは慶応キャンパスから先はどうかな?

ここで検索すると次のデータがでたよ。

 

2016年4月20日の交通政策審議会答申第198号「東京圏における今後の都市鉄道のあり方について」では、湘南台-倉見間の延伸が「地域の成長に応じた鉄道ネットワークの充実に資するプロジェクト」として答申されました。

引用:鉄道計画データベース

倉見?

倉見周辺の不動産にも注目だね。

ちょっとまって、倉見って相模線だよね。

相模線は茅ヶ崎から橋本までの単線だね。

複線の計画はないの?

 

けっこういい話はあるのですな。

地元は相模線の複々線化を望んでいるのです。

 

特に相模線の複線化は相模線複線化等促進期成同盟会が結成され、神奈川県知事、茅ヶ崎市長、相模原市長、海老名市長、座間市長、寒川町長、相模原商工会議所会頭、茅ヶ崎商工会議所会頭、海老名商工会議所会頭、座間市商工会会長及び寒川町商工会会長によって組織され、相模線沿線すべての地域のトップが入っています。
同盟会のホームページhttp://www.go-go-sagamisen.ecweb.jp

引用:相模原の未来を考える会

相模線の倉見駅では新幹線の新駅の誘致運動もあるよですよ。

ただね。

JR東日本はどう考えているのでしょうか?

どうも費用が多額にかかるので躊躇してるようです。

でも夢は広がりますね。

相模線が複々線化して倉見に新幹線が止まり

そして倉見からリニアの止まる橋本までつながれば

リニアの駅の橋本ー倉見ー慶応キャンパスー新横浜ー日吉ー三田と

直通が通ればすごいね。

この沿線はゴールデンルートとなるでしょう。

そうなるとこの沿線の不動産開発が盛んになるでしょう。

不動産は新線が狙いとという私の私見と合致します。

今後が楽しみですね。

 

かなり先の夢を語っています。

くれぐれも不動産投資は自己責任でお願いします。

 

早稲田にも不動産稲門会があります。

早稲田出身の不動産業者の集まりで

情報交換します。不動産は情報の正確さと信頼が大事ですからね。

慶応にも不動産三田会があるようです。

慶応は先輩後輩のつながりがありますね。

ぼくも実社会でその絆の強さをみて

羨ましかったです。

早稲田は独立独歩で群れるのは

よしとしないですね。

 

 

 

ーーーーーーーーーーー

本ブログの著者は、年金、アフィリエイト、投資、YouTubeなどの副業で

コンスタントに稼いでいます。

労働しないで稼いでいます。

この給与、不動産投資、証券投資、

アフィリエイトで不労所得を稼ぐ

4つの財布で行きていく情報を発信

して行くことを目指しています。

大学で宅建の資格を取り、大学院で

ケインズから金融を教えてもらい、

不動産鑑定士の資格の専門学校にいきました。

大学時代には欧州一周を見てまいりました。

アメリカの大学院のMBAのホテル学科に留学して英語も勉強しました。

留学中にはセレブに必須のフランス語を習得。

留学中にはニューヨークやカナダやメキシコに観光に行きました。

ブラジル銀行の友達ができました。

メキシコの友人は元大統領の子息でした。

帰国後に27歳で初めて大手の不動産会社の

流通子会社に7年務めました。

そこでロスアンゼルスプロジェクトでロスアンゼルス

の土地を見に行きました。

そこでリートをやるために大手証券に

転職。

85年のプラザ合意以降の円高局面で

不動産バブルを体験。不動産アナリストでウオーターフロント銘柄を発掘。

その後商社系のネット企業に入社。

不動産の知識が役立ちました。

現在は、定年後に派遣に行きながら

戸建て賃貸収入、証券への投資、

ブログアフィリエイトを始めて

年金、不動産投資、証券投資、

で4つの財布を作りました。

小さい頃から、別途の生活、朝はパンと牛乳、

夏は別荘ぐらしでした。

小さい頃からクラッシックのレコードを与えられ

印象派の絵画画集も与えられ、いい映画も見に行かされました。

そこで体験したことをセレブの生活にまとめました。