空耳アワー方式の英会話習得法〜ジョン万次郎

 

ジョン万次郎といえば、みなさんも聴いたことあるでしょ。

ドラマの坂本龍馬ではよく出てきますよね。

wwikiで調べてみましょう。

 

ジョン万次郎(ジョン まんじろう、旧字体ジョン萬次郎英語John Manjirō1827年1月27日文政10年1月1日〉 – 1898年明治31年〉11月12日)は、江戸時代末期(幕末)から明治にかけてアメリカ合衆国日本で活動した日本人である。アメリカ人からはジョン・マン(英語:John Mung)という愛称でも呼ばれた。土佐国(現・高知県)出身。帰国後は本名として 中浜 万次郎(なかはま まんじろう、旧字体:中濱 萬次郎)を名乗った。なお、「ジョン万次郎」という呼称は、1938年(昭和13年)に第6回直木賞を受賞した『ジョン萬次郎漂流記』(井伏鱒二)で用いられたことで広まったもので、それ以前には使用されていない。

日米和親条約の締結に尽力し、その後、通訳教師などとして活躍した。

ジョン万次郎は、英語を覚えた際に耳で聞こえた発音をそのまま発音していたのだね。

現在の英語の発音辞書で教えているものとは大きく異なっているのだね。

僕も、中浜万次郎が後に記述した英語辞典の発音法はよくできていると思う。

現在の英米人に中浜万次郎の発音通りに話す実験をしたところ、多少早口の英語に聞こえるが、正しい発音によく似ており、

十分意味が通じたという。

万次郎の発音法を参考にして、日本人にも発音しやすい英語として教えている英会話教室もあるそうである。

オリンピックやインバウンドで英語はこれからますます庶民でも使える必要があるので、皆さんにもジョン万次郎の英語を

学んでほしいですね。

 

ジョン万次郎の英会話発音方式

 

1)「cool」=「こーる」

2)「water」=「わら」

3)「Sunday」=「さんれぃ」

4)「New York」=「にゅうよぅ」

5)
「English」=「エンケレセ」

6)「summer」=「しゃま」

7)「cat」=「キャア」

8)「tea」=「リに”つまり、リ”ィ-。」

9)「teath」=「リに゜つまり、リ゜ィッス」

10)「night」=「ナイ」

11)「morning」=「モヲネン」

12)「evening」=「イヴネン」

13)「winter」=「ウィンダ」

14)「cold」=「コヲル」

15)「west」=「ウヱシツ」

16)「gate」=「ゲイ」

17)「net」=「ネ」

18)「Father」=「フワザ」

19)
「any」=「エネ」

20)「sorry」=「ソレ」

21「think」=「センカ」

22)
「this」=「ゼシ」

23)
「question」=「コシチャン」

24)McDonald」=「メクダノ」

25)「How much? 」=「ハマチ」

26)「yellow」=「ヤロ」

27)「Are you coming?」=「アー ユー カメン?」

28)「I am going」=「アイ アム ゴイン」

29)「It is a moon light night.」=「イータ イシ エイ ムーン ライト ナイ」

30)「What time is it now?」=「 ホッタイモイジルナ」

 

私の感想

 

留学した私は、よくわかります。

これは日本語の教師が英語を日本語で教えるという、和魂洋才の明治依頼の伝統。

日本語教師が公務員であり、エリートはいずれ海外留学でできるので、

日本に、日本人を縛って日本人を移民させない魂胆と思う。

いつまで日本語で英語を教えさせるのか?

大学受験をいつまで英文解釈とかに集中させるのか意味不明。

TOEICでいいでしょ。大学受験の英語は。

 

 

ーーーーーーーーーーー
本ブログの著者は、年金、アフィリエイト、投資、YouTubeなどの副業で
コンスタントに稼いでいます。

労働しないで稼いでいます。

この給与、不動産投資、証券投資、
アフィリエイトで不労所得を稼ぐ
4つの財布で行きていく情報を発信
して行くことを目指しています。

大学で宅建の資格を取り、大学院で
ケインズから金融を教えてもらい、
不動産鑑定士の資格の専門学校にいきました。

大学時代には欧州一周を見てまいりました。

アメリカの大学院のMBAのホテル学科に留学して英語も勉強しました。

留学中にはセレブに必須のフランス語を習得。
留学中にはニューヨークやカナダやメキシコに観光に行きました。

ブラジル銀行の友達ができました。
メキシコの友人は元大統領の子息でした。

帰国後に27歳で初めて大手の不動産会社の
流通子会社に7年務めました。

そこでロスアンゼルスプロジェクトでロスアンゼルス
の土地を見に行きました。

そこでリートをやるために大手証券に
転職。

85年のプラザ合意以降の円高局面で
不動産バブルを体験。不動産アナリストでウオーターフロント銘柄を発掘。

その後商社系のネット企業に入社。

不動産の知識が役立ちました。

現在は、定年後に派遣に行きながら
戸建て賃貸収入、証券への投資、

ブログアフィリエイトを始めて
年金、不動産投資、証券投資、
で4つの財布を作りました。

小さい頃から、別途の生活、朝はパンと牛乳、
夏は別荘ぐらしでした。

小さい頃からクラッシックのレコードを与えられ
印象派の絵画画集も与えられ、いい映画も見に行かされました。

そこで体験したことをセレブの生活にまとめました。

セレブの生活はこちら。

http://celebritylife.terucco.tokyo/wp-admin/