ミニマリストしぶ

ミニマリスト 「しぶ」のホームページはこちら

 

https://sibu2.com/


ミニマリストの発生の原因はなんでしょう?

 

1)アベノミックスで土地が上がって10平米超のワンルームになった。

2)シャワーのみでロフト付きで超狭い。家具が置けない。

3)スマホ一台で音楽や本や写真も見れる。

だからステレオ・コンポも本棚もいらない。

4)断捨離をするミニマリストがわいてでた。

5)小さい頃からものに溢れてそだって飢餓感がない。

6)シェアリングエコノミーで

車も家もシェアできる時代なのでものはいらないし、それのほうがせつやくできる。

 

それから、

団塊の世代が親から遺産で家をもらっても家具の片付けでヒーヒーいう。

家具は一つでも一万円引取料が必要。家の片付けに40万円はかかる。

いらないものをメルカリやヤフオクやAmazonで売っても

競争激しく意味ないことを知ってしまった。

 

 

ミニマリストの生き方をご存知?

 

ミニマリストという生き方が今、セレブの間で流行ってますね。

 

昔のヒッピーのムーブメントですね。

親のセレブに逆らって、ヒッピーになった。

 

スティーブ・ジョブスがそういう生き方だね。

ザッカーバーグもそうらしい。同じ服着てるでしょ。

 

ミニマリストの本はいろいろ出ていますよ。

ミニマリストネイバーまとめも良さそう。

 

サイトはこちら。

本はこちらだね。図書館にもありますよ。

 

 

 

両親の家の物の断捨離で困ったことから始めるミニマリストの道

 

 

 

親の家の整理が大変です。

まずは、骨董品に来てもらう。

ここであらかた売れるものは売るね。

 

大型家具は売れない。

リサイクルに売れるものは極力、ワットマンで売りましょう。いいですね。

ピアノは、有名なタケモトピアノですね。

本は、新しいのはブックオフでしょうか。

ダメなら神田の古本屋ですよ。

 

知識があればメリカリで売るのがいいらしいです。

スマホがあればできますよ。

最後のいらない家具とかの撤去費用と骨董屋で売ったお金でちゃらパーですよ。

 

ミニマリストの有名人は

 

多分、ホリエモンでしょうね。

スペインの片田舎の人で高城剛さんがいますね。時々日本に帰ってくる。

列車の中で暮らす人もいるようです。

 

会社の駐車場にキャンプカーを置いて暮らしている人もいるみたいですね。

他にもいるでしょう。

先程紹介のミニマリスト 「しぶ」も有名ね。

ホテル暮らしはどうかな

 

計算するとホテル暮らしできるかも。

今の家を売って、3000万円になったとしましょう。

固定資産税。水道料にガス電気代。駐車料。マンションの管理料修繕積立金。

 

スカパー代。光接続代。全部節約すると、全部で月十万円になるでしょ

マンション売ったお金、3000万円で投信を買う。

毎月分配型ですね。

 

これは、高金利通貨とリートやハイイールドのハイブリッド。

税金は20%ポッキリ。損すると税金が帰ってくる。

 

10%で回せば年間300万円。節約の120万円。

 

年間、合計420万円あれば、ホテル暮らしもできるでしょう。

まあいろんな人生があるでしょ。人生はゲームだよ。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーー

本ブログは年金、アフィリエイト、投資、YouTubeなどの副業で月収40万円

以上をコンスタントに稼いでいます。

労働以外しないで稼いでいます。

この給与、不動産投資、証券投資、

アフィリエイトで不労所得を稼ぐ

4つの財布で行きていく情報を発信

して行くことを目指しています。

大学で宅建の資格を取り、大学院で

ケインズから金融を教えてもらい、

不動産鑑定士の資格の専門学校にいきました。

留学して英語も勉強しました。

27歳で初めて大手の不動産会社の

流通子会社に7年務めた。

そこでリートをやるために大手証券に

転職。

85年のプラザ合意以降の円高局面で

不動産バブルを体験。不動産アナリストでウオーターフロント銘柄を発掘。

外資証券に転職後、すぐにリストラ。

そこで家族を抱えてさまよった。

その後、なんとかコネで商社系のネット企業に入社。

不動産の知識が役立った。本社のビル

を探して賃貸契約を担当。

新築の本社の建設と賃貸契約の締結、

社宅の契約。端末の倉庫の契約、

携帯ショップの開業準備などで

不動産の知識が役立った。

現在は、定年後に派遣に行きながら

戸建て賃貸収入、証券への投資、

ブログアフィリエイトを始めて

年金、不動産投資、証券投資、

で4つの財布を作りました。

副業の経験を皆さんに情報発信して

行ければとこのブログをはじめました。