転職により年収420万円を年収1200万円にした転職術

ジョブホッパーのmotoさんのブログでは、

年収は「職種✕業界」で決まると書いてあった。

僕の経験で納得したよ。

ぼくもジョブホッパーですからね。

 

私は最初不動産流通会社に入社で最終年収が420万円でした、

次に証券会社の大手に転職しました。

 

景気が良かったので、当初は一気に840万円になり、

そのうち1000万円をこえて、最高では1200万円になりました。

証券景気でボーナスがすごかったからでしょうね。

 

年収というのは、大枠は業界×職種で決っています。業界と職種に加えて、役職(役員、部長、課長、リーダーなど)と企業ランクや規模(外資系、日系大手、中小、ベンチャーなど)が関係してくるイメージです。

引用:転職アンテナ

 

私のケースも、不動産業界で大手の子会社でした。

証券業界に転職してそこは、大手の親会社でしたからね。

企業年金もあって年金受給時にプラスの恩恵ありますね。

 

スイス系証券会社に転職後は年収1000万円でした。年俸制でしたね。

すぐにリストラされましたけどね。

 

その後に教育業界でFP講座の販売をやりましたが、

年収は240万円と生活できない厳しさでした。

とても食えませんでした。

 

親戚の力を借りて大手の商社のネット子会社に入りました。

ここの年収は700万円でした。

業種が違うと年収は明らかに違いますね。

商社系は安定していた上に、時代の最先端の情報系のネット企業に転職できたのです。

 

転職するなら業種をずらす職種を変える

 

転職するなら

1)業種をずらす

2)職種を変える

ですね。

 

わたしは不動産業界→証券業界→教育業界→商社業界→ネット業界へと

変わる度に給与は変わってきました。

 

職種では不動産では営業マン、証券では証券アナリスト、外資証券ではアナリスト、

商社の情報子会社では経理総務でした。

 

証券は給料はいいですね。もちろん証券は不況には弱いですけどね。

リストラの危険があります。

 

商社は大手の子会社なのでそこそこ給料はいいですね。

安定しています。

年収700万円も役職があがることで最終的に900万円台までいきましたね。

 

転職エージェントも役職を変えたり企業規模を変えることをススメますが

業界を変えることはあまりススメないようでしたね。

 

証券業では中途の同期では、アナリストでは鉄鋼業界からきた人や

フランス語や英語の達人がいましたね。

インデックス投信の開発者は物理数学の博士でしたね。

 

教育業界では証券の経験が役立ったし、

商社系のネット子会社では、総務部で不動産の知識が

役立ちましたね。

 

業界を変えることは給料アップに役立ちますので

おすすめですね。

 

ちなみに退職後は、派遣で時給労働でした。これは厳しいです。

定年延長すべきでした。

 

ところが通信系の会社に転売されまして、

厳しい社長がきてとてもいられない感じでした。

まあ売られる会社だから中途で40過ぎでも就職できたのでした。

文句は言えませんよね。

感謝あるのみです。

 

現在はブログアフィリエイトで稼ごうと頑張っています。

 

 

ーーーーーーーーーーー

本ブログの著者は、年金、アフィリエイト、投資、YouTubeなどの副業で月収40万円

以上をコンスタントに稼いでいます。

労働をしないで稼いでいます。

この給与、不動産投資、証券投資、

アフィリエイトで不労所得を稼ぐ

4つの財布で行きていく情報を発信

して行くことを目指しています。

大学で宅建の資格を取り、大学院で

ケインズから金融を教えてもらい、

不動産鑑定士の資格の専門学校にいきました。

留学して英語も勉強しました。

27歳で初めて大手の不動産会社の

流通子会社に7年務めた。

そこでリートをやるために大手証券に

転職。

85年のプラザ合意以降の円高局面で

不動産バブルを体験。不動産アナリストでウオーターフロント銘柄を発掘。

外資証券に転職後、すぐにリストラ。

そこで家族を抱えてさまよった。

その後、なんとかコネで商社系のネット企業に入社。

不動産の知識が役立った。本社のビル

を探して賃貸契約を担当。

新築の本社の建設と賃貸契約の締結、

社宅の契約。端末の倉庫の契約、

携帯ショップの開業準備などで

不動産の知識が役立った。

現在は、定年後に派遣に行きながら

戸建て賃貸収入、証券への投資、

ブログアフィリエイトを始めて

年金、不動産投資、証券投資、

で4つの財布を作りました。

副業の経験を皆さんに情報発信して

行ければとこのブログをはじめました。