プロ無職の「るってぃ」さんを知りました

ブログやツイッターやYouTubeをやっているのですけど

いろいろ集客の上手い人をさがしていたら

プロ無職の「うってぃ」さんを発見。

はじめはユーチューブを見たのよ。

これね。

 

 

ホームページはこれですね。

うってぃさんの趣旨はこれですね

1)プログラミングを無料で勉強する

2)発信活動をやれ

ブログ、SNS、ツイッターで発信力をつけろ。

3)お金の稼げる仕事

ランサーズなどの仕事をまず受けろという。

 

ブログアフィリエイトや集客力を付けたい人の見るべきはこれ。

 

さらに発信力のあげかたの説明はこれ。

 

趣旨は。

1)ブログは自分メディア

2)SNSより深い。資産になる

3)ツイッターからブログを作れ

反応の良いツイッターからブログにする。

4)コンテンツをストックにできる

5)面白い記事を書く

6)人に役立つ記事を書く

7)集客したら

8)広告を貼っていく

アドセンス

アフィリエイト

体験レビュー記事

PR記事

 

 

 

 

るってぃさんのメモが参考になるよ。

 

 

本の紹介の仕方の例だね。参考になります。

 

 

日記とブログの違いでブログとは

1)人に役に立つ

2)感情を揺さぶる記事を書く

これは大事だね。

でも僕も日記を書いている感じだね。反省してます。

集客させるに大事なことは。

SEO対策とSNSによるバズ

セルフブランディングと地味な地元での活動が

必要という。

なかなかできないなあ。

初心者はSNSのバズよりSEO対策を

すべきという。そうだね。

ぼくも情報商材で下剋上を習った。

キーワード対策だね。

具体的には

読者の悩みとか疑問に答える

わかりやすく内容を深く答える

マネタイズを最初から狙うと駄目なんだね。

まずはいい記事を書いて集客が十分できてから

はじめてマネタイズする

ぼくも記事を10記事で、アドセンスやアフィリエイトを

貼ったけど駄目。おおきな広告より文章がいいみたい

しかしこのYouTubeは役立つね。

いままでいろいろみたけどこれだけ濃いYouTubeないね。

いままで読んできた無料メルマガはだめだね。

記事の書き方

これ定石だそうです。

結論→

理由→

例→

結論→

 

後出しジャンケンできるそうです。

他の人を研究してね。

無料ブログか有料ブログは?

無料ブログは「はてなぶろぐ」いいそうです。

コミュニティーが発達で初動に有利だね。

有料ブログはワードプレスですね。

理屈はわかっても圧倒的な量をこなさないといけない。

イケハヤさんは

#ブログ書け

といつもYouTubeやブログやツイッターで叫ぶ。

一日で、

ブログ5本

ツイッター50本

YouTube5本

とか量産している。

量産の方法は

1)ツイッターで一日50本つくる

1本1分だね

2)好評なツイッターをブログにする

1本5分で作れる

ブログをツイッターにする方法は簡単に貼れる

3)ブログの内容をYouTubeにする

KEYNOTEでスライドで文字で表現

スライド見ながらクイックタイムで声を入れる

それをYouTubeにする。

一本10分だね。

これで量産しよう!

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーー

本ブログの著者は、年金、アフィリエイト、投資、YouTubeなどの副業で月収40万円

以上をコンスタントに稼いでいます。

労働をしないで稼いでいます。

この給与、不動産投資、証券投資、

アフィリエイトで不労所得を稼ぐ

4つの財布で行きていく情報を発信

して行くことを目指しています。

大学で宅建の資格を取り、大学院で

ケインズから金融を教えてもらい、

不動産鑑定士の資格の専門学校にいきました。

留学して英語も勉強しました。

27歳で初めて大手の不動産会社の

流通子会社に7年務めた。

そこでリートをやるために大手証券に

転職。

85年のプラザ合意以降の円高局面で

不動産バブルを体験。不動産アナリストでウオーターフロント銘柄を発掘。

外資証券に転職後、すぐにリストラ。

そこで家族を抱えてさまよった。

その後、なんとかコネで商社系のネット企業に入社。

不動産の知識が役立った。本社のビル

を探して賃貸契約を担当。

新築の本社の建設と賃貸契約の締結、

社宅の契約。端末の倉庫の契約、

携帯ショップの開業準備などで

不動産の知識が役立った。

現在は、定年後に派遣に行きながら

戸建て賃貸収入、証券への投資、

ブログアフィリエイトを始めて

年金、不動産投資、証券投資、

で4つの財布を作りました。

副業の経験を皆さんに情報発信して

行ければとこのブログをはじめました。