初めて喪主やったよ

身内が亡くなって初めて喪主をやった。

初めて手順がわからないので家族葬を説明しますね。

互助会に入ることもあるようです。

 

1)亡くなったのを知ったら、お寺に相談。

2)知り合いの葬儀屋でもいい。

3)お寺でやる場合、沿道のメモリアルホールでやる場合とある。

4)葬儀屋に依頼すると全部任せられる

5)決めるのは、家族葬では

 

出席者の数、お花の数、食事のランク、香典の有無など。葬儀屋さんが指示してくれる。

決めるのは金額。

6)納骨式の予約。

 

お寺でやるときは出入りの石材店がある。公園墓地では

お墓の前でお経を上げてもらい納骨する。宗派によって変わる。

公園墓地とかだと周辺の石材店で納骨び実務をお願いする。

戒名を石に彫ってもらう。

 

位牌は仏壇など

 

7)位牌を準備する。

位牌は坊さんにお願いしてつけてもらう。

宗派によって異なるそうです。

8)仏壇を準備する。

仏壇はインターネットで売っていますけど

お坊さんに魂いれをしてもらう必要があります。

Amazonでも売っていますし、坊さんを

依頼するサービスもあるようですね。

9)年賀状の季節には喪中のはがきを準備。

ビックカメラとかに売ってますね。

喪中はがきが間に合わないときには寒中はがきを使いますね。

 

 

 

 

 

挨拶など

 

告別式の最後のあいさつは、葬儀屋さんがマニュアルをくれますので

自分なりの心を込めた挨拶がいいでしょう。

告別式のあとの食事のときは遺骨の前に陰膳をいたします。

年長の方に献杯の音頭をお願いしましょう。

 

 

 

ーーーーーーーーーーー

本ブログの著者は、年金、アフィリエイト、投資、YouTubeなどの副業で月収40万円

以上をコンスタントに稼いでいます。

労働をしないで稼いでいます。

この給与、不動産投資、証券投資、

アフィリエイトで不労所得を稼ぐ

4つの財布で行きていく情報を発信

して行くことを目指しています。

大学で宅建の資格を取り、大学院で

ケインズから金融を教えてもらい、

不動産鑑定士の資格の専門学校にいきました。

留学して英語も勉強しました。

27歳で初めて大手の不動産会社の

流通子会社に7年務めた。

そこでリートをやるために大手証券に

転職。

85年のプラザ合意以降の円高局面で

不動産バブルを体験。不動産アナリストでウオーターフロント銘柄を発掘。

外資証券に転職後、すぐにリストラ。

そこで家族を抱えてさまよった。

その後、なんとかコネで商社系のネット企業に入社。

不動産の知識が役立った。本社のビル

を探して賃貸契約を担当。

新築の本社の建設と賃貸契約の締結、

社宅の契約。端末の倉庫の契約、

携帯ショップの開業準備などで

不動産の知識が役立った。

現在は、定年後に派遣に行きながら

戸建て賃貸収入、証券への投資、

ブログアフィリエイトを始めて

年金、不動産投資、証券投資、

で4つの財布を作りました。

副業の経験を皆さんに情報発信して

行ければとこのブログをはじめました。