本のソムリエがいる本屋 読書のすすめ

 

 

YouTubeでみたけど本のソムリエのいる本屋が

紹介されていた。

本屋は、

東京都江戸川区篠崎町1丁目7−5 サクシードシゲゼンの1階

店長の清水さんが人生相談をしている感じですね。

困ったお客さんが清水さんに相談すると

悩みを明るく解決できる本をおすすめしてくれる。

まるで相談室長みたいだね。

清水克衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Jump to navigationJump to search

清水 克衛(しみず かつよし、1961年8月17日 – )は、日本実業家東京都出身。書店「読書のすすめ」店長、NPO法人「読書普及協会」初代理事長。

「本のソムリエ」と呼ばれる。

 

清水さんの本は、

 

 

 

本代が相談料だとすると安い

子育てや恋愛や仕事などで悩む人が相談する場所はないよね。

そこで本のソムリエに相談して適切な本を紹介してもらい

それで悩みが解消できるなら、本代は相談料だと思えば

安いよね。

 

もっと本を勧めたくなった。

清水さんは斉藤一人さんのお弟子さんらしいね。

一冊の本で人生は変る。

 

ーーーーーーーーーーー

本ブログの著者は、年金、アフィリエイト、投資、YouTubeなどの副業で月収40万円

以上をコンスタントに稼いでいます。

労働をしないで稼いでいます。

この給与、不動産投資、証券投資、

アフィリエイトで不労所得を稼ぐ

4つの財布で行きていく情報を発信

して行くことを目指しています。

大学で宅建の資格を取り、大学院で

ケインズから金融を教えてもらい、

不動産鑑定士の資格の専門学校にいきました。

留学して英語も勉強しました。

27歳で初めて大手の不動産会社の

流通子会社に7年務めた。

そこでリートをやるために大手証券に

転職。

85年のプラザ合意以降の円高局面で

不動産バブルを体験。不動産アナリストでウオーターフロント銘柄を発掘。

外資証券に転職後、すぐにリストラ。

そこで家族を抱えてさまよった。

その後、なんとかコネで商社系のネット企業に入社。

不動産の知識が役立った。本社のビル

を探して賃貸契約を担当。

新築の本社の建設と賃貸契約の締結、

社宅の契約。端末の倉庫の契約、

携帯ショップの開業準備などで

不動産の知識が役立った。

現在は、定年後に派遣に行きながら

戸建て賃貸収入、証券への投資、

ブログアフィリエイトを始めて

年金、不動産投資、証券投資、

で4つの財布を作りました。

副業の経験を皆さんに情報発信して

行ければとこのブログをはじめました。